大変恐縮ですが、ブログ始めました

大変恐縮ですが、ブログ始めました。

34歳独身、仕事なしが必死にもがいて、ハッピーエンドをどうしたら掴み取れるのかを考察していこう!と意気込むブログ。

【就活生に】業界研究・企業分析のやり方がわからないならこの本がおすすめ!

キャリア迷子の30代、アカシロです。

最近読んだ本が就活生にとてもおすすめだったので、今回ご紹介いたします。

 わたし自身就活生だったころ、どうやったらいいのか、なにをしたらいいのか、まったくわからなかったことがありました。

それは、ずばり、”業界研究””企業分析”のやり方です。

わたしは、地方の大学出身かつ、意識低い系の学生だったため、やりたい仕事というのがなく、ただ安定した会社に努めたいな!としか考えてないしょうもない学生でした。

 

そのため、就活生になって、なんとなくおもしろそうな企業に応募し、書類選考が通った会社に流されるままに面接にいくという超絶受け身就活をしておりました。

もちろん業界研究、企業分析ができていないので、なぜこの業界を選んだのかからはじまり、どうしてうちの会社がいいのか、といった質問にことごとく答えられず、就活で苦労したおぼえがあります。

※社内の雰囲気が良かったからです。女性でも活躍できる場があると思ったからです。などありきたりな返答で濁してました。

 

友達やゼミの先生に聞いても、ネットで調べて、比較してみたらいいよ!との返答。

どうやって?何を?

会社概要や四季報、業績など読み解けるための知識もなく…。

もし自分のように業界研究・企業分析のやり方がわからない!今更人に聞けないという方がいたら、この本がおすすめ!

 

マーケティング思考力トレーニング

マーケティング思考力トレーニング

  • 作者:黒澤友貴
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

マーケティングの本です。

そうマーケティングの本です。

例えば広告会社を狙ってるなら、”広告業界について”という本を買って読んで、ふむふむ広告業界とはなんぞやを学び、企業分析では、会社のHPをみる、その会社のOBの先輩に話を聞くのが企業分析だと思っていた、アホっ子だったあのころの私に渡したい1冊がこちらです。

 

マーケティングとは、

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す(Wikipediaより)

 

www.urban-project.jp

つまり、企業やその商品の市場価値を調べ、顧客獲得や商品認知を行うための戦略を考えていくことがマーケティングであり、このマーケティングでの市場調査や、戦略を組み立てていく考え方は業界研究・企業分析に非常に役にたつ!のです。

 

特にこの本をおすすめする理由は、マーケティング初心者に非常にわかりやすいということ、そして何よりもマーケティングを行うためのフレームワークを提示してくれているところです(多少マーケティング用語はググって検索したりする必要があるかもしれませんが…)。

このフレームワークを活用することで、業界の現状・企業分析、どういったところに強み・弱みがあって、自分がこの会社に入ったらどういったことがしたいのか、まさに就活で必要となる情報をまとめることができます。このフレームワークで分析することで、志望動機にも面接対策にも使える優れものです。

また、やり方の参考として、馴染みのある企業や商品の実際にマーケティングトレースした事例集がのっているため、参考にしやすく、実践しやすいため、読んですぐにアウトプットすることが可能です。

 

マーケティングの考え方は、社会にでても、論理たてて説明することや、所属した会社の販売戦略、営業の仕方、自分自身のキャリアプラン設計など、いろんなところで役に立つため、読んで損はない1冊だと思います!

 

現在、私も仕事を模索して苦戦しており、同じくこの厳しい状況の中で、頑張って戦っている就活生の応援の一助になれば幸いです。

 

最後に、自己分析には、マインドマップ、ロジックツリーがおすすめです。